Home About us Members &
Partnerships
Conference & Symposium
Visiting Scholar
Program

Cooperative
Research Program

Report &
Thesis

Research
Briefing

What's
New
Contact
CH JP KR EN
 
  Cooperative Research Program
 
 
     
 
「Cooperative Research Program」の主旨と意義

北東アジア地域経済の一体化や各国間に於ける経済交流分野での協力進んでいる中で、各国の政府が公布する財政・租税政策や遂行する税制改革、は当該国の経済生活に対して大きな影響を与えるだけではなく、北東アジア地域の各国の経済主体の経済活動による税負担にも大きな変化を引き起こしている。

特に、中国が全アジア地域ないし世界範囲における経済実力の発展につれて、中国の財政政策、法制建設や税制改革などが各国政府および多国籍企業や個人の注目を浴びている。現在、北東アジア地域の学者、学術団体や研究機構が中国の財政及び税制研究について深い興味を持っている。それと同時に、中国の財政制度や税制制度の改革も北東アジア地域各国の成功経験を参考する必要がある。

そのために、南開大学法学院北東アジア財税法研究センター(以下はNEAFTLRC略す)が共同研究プロジェクトを設立し、主に中国現在の財政や税収立法分野に注目される課題に対して、研究課題を確定して、日本、韓国及び中国台湾地域の専門家、学者たちを招き、共同研究をする。そして積極的に中国政府、外国政府研究機構及び民間団体、多国籍企業の研究課題を参加或いは担当することなどに努める。

「Cooperative Research Program」の研究分野
   
財政法、財政政策研究
予算法、財政投融資法、公債法、地方自治や地方財政法
租税法、税収政策研究
租税方総論―租税法定原則、租税公平原則、税収効率原則
租税法分論―所得税法(個人、会社)、財産税(遺産税、贈与税、不動産税)、流転税
国際税収条約
税収管轄権、双重徴税を避ける方法、国際租税回避、反租税回避、国際税収協定
中日韓税法実務
中、日、韓の財税収判例事例や判例理論研究
 
     
     
  "Cooperative Research Program"の形式  
  報告書(Research Report)、公開出版物(Publications)、国際シンポジウム(internetional conference)などの形式を採用する。  
     
 
 
 
  Cooperative Researc Program for 2011
 
  課題名称:北東アジア経済および法制研究(韓国法制研究院プロジェクト、研究参加)  
   
  Cooperative Researc Program for 2010
 
 

課題名称:中日韓不動産制比較研究 (韓国高等教育財団プロジェクト)

 
   
  Cooperative Researc Program for 2009
 
 

課題名称:日本地方自治研究 (中国教育部プロジェクト)

 
 
 

課題名称:政府間財政関係研究 (司法部プロジェクト、研究参加)

   
  Cooperative Researc Program for 2008
 
 

課題名称:中日電子税務行政比較研究 (日本住友財団プロジェクト)

 
 
 

課題名称:中日韓税務情報保護 (南開大学プロジェクト)

   
  Cooperative Researc Program for 2007
 
 

課題名称:<アジア各国M&A法律制度及び現状に関する調査研究> (日本経済産業省経済産業政策プロジェクト)

     
     
     
  Cooperative Relations  
 

日本東京大学法学院

日本一橋大学法学院

日本早稲田大学法学院

韓国全北大学法学院

韓国ソウル市立大学税務専門大学院

韓国租税研究院

韓国法制研究院

韓国中国法研究会
 
     
     
 
   
   
   
  Copyright 2007, http://www.asia-taxlaw.com ,All Rights Reserved  
  94 WeiJinLu,NanKaiQu,TianJin,China(300071) / Tel:86-22-2350-1400 / E-mail: gpyang@nankai.edu.cn